マリッジブルーはプロポーズ後の男性にも襲いかかる?原因や対処法は?

マリッジブルーは女性がなるもの、というイメージがありますよね。どうやらプロポーズをした男性にも襲いかかることがあるようなのです。

そんな彼を支えて、結婚まで持って行くには、どのような対処法があるのでしょうか?

今回はマリッジブルーの原因と対処法について考えて行きます。

スポンサーリンク

男性のマリッジブルーの原因とは

一言でマリッジブルーと言っても、症状は様々です。男性のマリッジブルーの場合、ひとりになりたいと言ったり、結婚相手の女性に対して不信感や不満を抱くようになったり、イライラし易くなったりします。

そして、その原因はいくつかあります。男性は、結婚後に担う責任を果たしてきちんと全うできるのかというところが大きく関係しています。

1.家族を守ったり引っ張って行くという責任感を感じている

以前のような男尊女卑は無くなっているとはいえ、男性は家族を支えなければ、引っ張っていかなければという責任感を感じています。自分に引っ張っていく力はあるのだろうか?という不安が、マリッジブルーの原因となってしまうのです。

2.経済面の不安

いくら女性も働きに出るようになったとはいえ、やはり、男性は「大黒柱として、家族を養っていかなければ」という思いにかられるものです。その責任感が「自分に務まるのか」という不安へと変わっていくのです。

人生お金だけじゃないとはいっても、現実問題、生活する上でお金は重要な位置を占めています。結婚式資金から始まり、新婚旅行、生活費、子供ができれば教育費と、必要な出費は多くなります。今は生涯雇用の時代ではないからこそ、何かあったら…という不安が付きまとってしまうのです。

3.共同生活をすることへの不安

結婚によって、今まで自由にできていたことに制限がかかることも多くなります。

例えば、仕事後に飲んで帰る、休日に遊びに行く。今までは誰に許可をもらう必要もなく、自分のペースで好き勝手遊べていたのに、それが結婚を機に飲み会も休日の趣味の時間も全て自由がききません。そんな生活に不安とストレスを抱いてしまう人もいます。

以上が全てではないでしょうが、このような原因によって、男性のマリッジブルーは引き起こされるのです。

彼がマリッジブルーになってしまったときの対処法

彼がマリッジブルーになってしまったら、どのように対処していけば良いでしょうか。

1.彼の気持ちを受け入れる

マリッジブルーに陥っている彼を無理矢理明るくさせようとしてはいけません。例えば「大丈夫」と言ったとしても、彼にとっては何が大丈夫なのか分からないし、却って「お前に何が分かるんだ」という思いに至ってしまいます。

今、彼に必要なのは彼の不安や心配を受け入れてあげることなのです。「私にも分かるよ、一緒に乗り越えていこう」と彼の気持ちに寄り添ってあげれば、彼も安心するはずです。

2.一人の時間を与えてあげる

結婚間際だと難しいかもしれませんが、元々男性は自分の時間をエンジョイするタイプです。彼に自由な時間を与えてあげることで、自分の気持ちを整理する時間が増え、乗り越えられるかもしれません。

ずっと私が一緒にいるよ!と言っていると、重く感じる人もいるようです。そんな時は、さっと引いて、彼の時間を尊重してあげましょう。

3.二人でとことん話し合う

彼は見えない将来への不安でマリッジブルーになっています。従って、具体的なことをとことん話し合って、彼の不安を解消してあげることも対処法の一つです。

仕事の話、結婚後の収入の話、子供について、住居の問題、お互いのプライベートな時間について、お互いの家族について。トピックはいくらでもあります。こういった問題はいずれどうしても話し合わないといけないものですし、それが早まっただけのことです。

こうして具体的な話をすることで、彼の将来への不安も少し解消されるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

支えあいながら乗り越えて行くには

結婚式など、期限が迫っていることもあり、どうしても焦ってしまうこともあるでしょうが、マリッジブルーに陥っている男性を無理矢理進めて行ってしまうと、最悪の事態になりかねません。焦る気持ちを抑えて、彼になるべくプレッシャーを与えないようにしましょう。言い争いもなるべく避けるべきです。

一時的に不安になっているだけ、と甘くみてはいけません。そうしている間にも彼は不安な気持ちやプレッシャーと闘っています。その気持ちを精一杯受け止め、一緒に乗り越える覚悟を持ちましょう。

この危機を乗り越えられれば大丈夫!

結婚前は結婚式の準備や自分の仕事で忙しいし、きちんと話し合うということを疎かにしてしまいがちかもしれません。しかし、こんな時だからこそしっかりと彼を支えてあげましょう。彼は責任感でいっぱいだからこそ悩んでしまっているのです。

そんな頼れる彼のことを受け入れ、一所懸命支えてあげてください。必要であれば具体的な話もどんどんして、将来が想像しやすいようにしていけば、彼の不安も少しは軽減するかもしれません。

この危機を乗り越えられれば、今後も何かあれば二人で支え合って、どんな問題でも乗り越えていけることに間違いありません!

スポンサーリンク