失恋の喪失感・うつを克服する必要時間・行動とは?

愛する人や大切な人と別れると、どうしようもないほどの絶望感に襲われ、「もう何もしたくない!」そう思って自分の殻に閉じこもってしまう人も多いかと思います。

失恋で負った傷はそう簡単に回復することはありません。焦って次の恋愛に進もうとするともっと傷ついてしまいます。

では、失恋後の喪失感やうつを克服するためには一体どれくらいの時間が必要なのでしょうか。詳しくご紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

失恋の喪失感やうつを克服するには?

失恋後の喪失感って本当に辛いですよね。

今まで培ってきたものがすべて無駄になってしまった…。自分があのときワガママさえ言わなければ、あの人ともっと一緒にいれたのに…。

大切なものは失ってから初めて気づくもの。その喪失感はかなり大きいかと思います。

ここでは失恋後の喪失感やうつの回復に必要な方法や時間について詳しくご紹介していきます。

時間をかけて心と身体を休める

まず大事なのが、心と身体を休めることです。まだ回復もしていない状態で次の恋愛に進もうとしても、体と心のバランスが整っていないため、また崩れてしまいます。時間をかけてもいいので、ゆっくりと休めるようにしましょう。

一般的に失恋から回復するまでの期間は1ヶ月~半年ほどと言われています。人によって個人差はありますので、ある程度遅く休んでいても大丈夫です。

大事なのは、自分の心と身体です。特に初めて失恋した人の場合は、色々なことが重なって肉体的にも精神的にも不調が出てくるかと思います。ですので、ゆっくりと休むようにしましょう。

ストレス解消のために一人旅に出る

少しだけ気分をリフレッシュしたいなら、一人旅に出てみるのもいいでしょう。旅は新鮮な経験を得られるだけではなく、失恋の傷を効果的に癒やすこともできます。

1人で旅をすることで、自分の行きたいところにもいけますし、人の目を気にせずやりたいこともできます。いい感じにストレス発散もできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

カウンセリングを受ける

ややうつ症状が長く続く場合は、カウンセリングを受けてみるのもいいでしょう。専門のカウンセラーに相談をすれば、自分がなぜ悩んでいるのかが根本的に理解でき、その問題を解決していくことができます。料金はやや高めですが、その分効果的に傷を癒せるのでおすすめです。

ただ、カウンセラーとの相性も大事になってくるので、色々なカウンセラーと話をしながら誰がいいかを決めてみるといいでしょう。

存分に泣く

次におすすめなのが、泣くことです。

泣くという行為は恥ずかしいことと思われがちですが、全然違います。むしろ自分の感情を爆発させて悩みを小さくすることができるのです。実際、失恋後泣き続けて元彼への想いを断ち切った人だっていますからね。

1人で音楽を聞きながら泣き続ければ、いずれ失恋後の傷も癒すことができます。恥ずかしがらずに思いっきり泣きましょう。

彼と接点を持たない

一番大事なのは、彼と接点を持たないことです。

TwitterやFacebookといったSNSでの交流はもちろん、連絡先も全て断っておきましょう。そうすることで彼への未練が少しなくなり、失恋後の喪失感やうつをへらすことができます。

彼への未練を断つことも回復するために必要なことなのでぜひやってみてくださいね。

スポンサーリンク

うつや喪失感が長く続く場合の対処法

失恋して2,3年ぐらい経つのにいつまで経っても治らない…。

そういった場合は、うつ病などになっている可能性が高いです。放っておくとひどくなってしまい、最悪入院にまで至るので早めに精神科を受診しましょう。

どのような症状があるのか、症状がどれくらい続くかを詳しく話せばそれに合わせて治療をしてもらうこともできます。心理カウンセラーと提携している病院なら、予約さえすればカウンセリングも受けることも可能です。

病院に行くのは抵抗があるかと思いますが、回復のためには必要なことです。勇気を出して行ってみましょう。

失恋の喪失感・うつの克服まとめ

いかがでしたでしょうか。今回は失恋の喪失感やうつを克服するために必要な方法や時間についてご紹介しました。

回復するための時間はある程度長くても大丈夫ですが、いつまでも気分が落ち込む場合は不調が出てしまっていることもあります。

ゆっくりでいいので、気長になおしていき、次のステップを進むといいでしょう。

スポンサーリンク